So-net無料ブログ作成
検索選択

小田代ケ原 草紅葉

10月7日(月)晴れ このところ天候が良かったので「日光小田代ヶ原」の草紅葉が見頃かなかなと思い出かけてみた。龍頭の滝上部の駐車場に車を止めて、湯川沿いに歩いて約45分で小田代ヶ原に着く。平日だと言うのに団体のハイカーやカメラ愛好家が沢山来ていた。草紅葉の見ごろは若干過ぎてしまったと地元のカメラマンが言っていた。

秋の雰囲気をお楽みください。

※写真をクリックすると大きな画面になります。

                    <秋 色>

秋色
<秋深まる>
秋色
<寂 秋>
<赤・黄・緑・・・> 
日当たりの違いで?
<ひと枝>
一枝みどり

北アルプス涸沢の山旅

10月16日水)~18日(金)で紅葉の北アルプス涸沢探索の山旅に行ってきました。紅葉は例年「体育の日」含めた連休が最盛期となっているが、山小屋の大混雑を考えるとどうしても連休明けの山行計画となってしまう。当初は14日~18日で涸沢~奥穂高岳~北穂高岳~パノラマコース~徳沢園の予定だあったが、台風26号が本州上陸にするとの予想で、予定を変更し、台風一過の日に出発した。pm4:30徳沢からタクシーで上高地に入ったが、まだ暗いのでヘッドランプを装着して歩き出す。薄明かりの中、河童橋から穂高連峰を見ると山頂から岳沢まで積雪で真っ白になっていた。雲間から瞬間に見える真っ白な穂高連峰の景色は感動的な風景でした。またご来光で赤く染まる山頂の様も大変印象的な光景でありました。 

横尾から涸沢方面に入るが、期待していた紅葉の色付きが暖秋のせいかイマイチであった。涸沢に入ると台風で紅葉の葉が吹き飛ばされていて、ナナカマドは赤い実だけが残っている状況であった。涸沢小屋に着き奥穂高・北穂高の積雪状況を聞くと山頂付近は積雪があり8本爪以上のアイゼン持参が必要とのことであった。さらに明日の夜から天気は悪くなるとの予報だったので奥穂、北穂の登山は断念し、「パノラマコース」で帰ることとした。

※写真をクリックすると大きな画面になります。

上高地河童橋からの奥穂高岳

奥穂高岳に光射す
上高地の穂高連峰
<屏風岩の紅葉>
屏風岩の紅葉
<奥穂高岳の紅葉>
奥穂高岳の紅葉
<涸沢岳> 
涸沢岳(3103m)
<涸沢槍ナナカマド> 
涸沢槍ナナカマド
<北穂高岳のナナカマド> 
北穂高岳のナナカマド
< 涸沢カールの万年雪と新雪>
涸沢カールと前穂高岳
<涸沢のナナカマド> 
涸沢のナナカマド
 <屏風岩ケルン(右上)と槍が岳>
槍ヶ岳と屏風岩上のケルン
<前穂高岳東稜・氷壁の舞台> 
前穂高岳東稜