So-net無料ブログ作成
検索選択

「燕岳」春山登山 (2763m)

5月8日(木)~10日(土)の2泊3日で北アルプスの春山登山の入門コースである燕岳に仲間4人で行ってきました。春山とはとはいえ山はまだ冬、装備は冬山装備となるので荷物も重くなった。

<行程>5/8 中房温泉有明荘(泊) 

    5/9 無料駐車場=登山口8:30=合戦小屋12:00=燕山荘14:30着(6時間)

 5/9出発時の天気予報は晴、しかし上空5000mには低気圧があるとの解説であった。今日は絶好の登山日和と内心喜んで出発したが、外の天気は曇りで風は冷たいが体感温度はそれほど寒くない。第三ベンチ付近で残雪が多くなったのでアイゼンを装着する。AM11:00頃、雪が降り出し風も出てきた。合戦小屋で昼食とするが、その間に雪は本降りになり吹雪の状態になってしまったので衣類等々冬山装備にする。合戦尾根の急登に入ると視界は約10mとなり新雪が約20cm位積ってしまい、トーレスはスッカリ消えている。しかし赤布のポールが設置されているのと燕山荘まで約1時間ぐらいとの目標があったので大きな不安はなく吹雪の中を進むことが出来た。

「燕山荘」付近になると吹雪はますます強くなり、立ち止まりながら風が一時止むのを待って前に進む。また燕山荘玄関への冬ルートは建物を一周して入ることになるが、風よけが無くなる西北方面では吹雪を正面から受けるので前に進むのが困難な状態もあった。この吹雪は夜も止まず、翌朝の6時になってもヒュウヒュウと音を立てていた。やっと午前8:00頃になると視界を遮っていた雪と雲のベールが一気に消え、雄大な絶景の北アルプスの展望が目前に出現する。感動的瞬間であった。!!!

5/10 燕山荘9:30=燕岳10:00=燕山荘11:30=登山口15:00(着)

 カメラを持ち出し燕山荘前に出てシャッターを切るが風は弱まっていないので手がかじかむ。荷物を山荘に預けて燕岳に歩き出すと、北アルプス雪景色の展望は絶景でありました。

※写真をクリックすると大きな画面になります

<吹雪の中の燕山荘>

雪中の燕山荘
<吹雪の燕岳>
吹雪の燕岳
<燕山荘売店>
燕山荘売店
<ベールを脱いだ燕岳>
ベールを脱いだ燕岳
<霧氷と槍ヶ岳>
霧氷と槍ヶ岳
<燕岳奇石彫刻群>
燕岳彫刻群
<白髪立派あざらし?>
白髪立派(アザラシ?)
<奇石群>
奇石群
<燕山荘風景>
燕山荘風景
<吹雪の痕跡>
吹雪の痕跡
<霧氷と槍ヶ岳>
霧氷と槍ヶ岳
<槍・穂高を見つめて>
槍・穂高を見つめて
<燕岳山頂>
燕岳山頂
<槍・穂高連峰>
槍・穂高連峰
<大天井岳・常念岳>
大天井岳・常念岳
<奇石彫刻と槍>
奇石彫刻と槍
<イルカ岩>
奇石イルカ岩
<表銀座コースと槍ヶ岳>
槍ヶ岳と表銀座コース
<合戦小屋>
合戦小屋